ファスティングは体の調子を整えるもの

ファスティングは体の調子を整えるもの

最近よく「ファスティング」という言葉を耳にしませんか? ファスティングダイエットなどとしてテレビや雑誌で頻繁に取り上げられていますね。 ファスティングとは、“断食”のことを言います。 断食療法、あるいは絶食療法と呼ばれることもあります。 実際には、完全な断食ではなく、食事を酵素や野菜ジュースなどで置き換えます(最近、酵素ドリンクで置き換えるファスティングのことを「酵素ダイエット」と呼びます)。

ファスティングの目的は、体の負担となる食事を摂らないことで毒素や老廃物を除去し、内臓器官などを休めることです。 そうすることで、体の調子を整えたり、リフレッシュしたりすることが出来ます。 ファスティングダイエットが流行しているように、ファスティングは“ダイエット”として受け止められがちなのですが、本来は体の調子を整えるといった目的をもっているものです。 ファスティングの効果で何よりも特筆すべきことは、「宿便をとることが出来る」という点。 宿便とは、長い間腸の中に溜まっていた大便です。 毎日の便通とは別に、宿便は腸に溜まって腐敗と発酵を繰り返して有害物質を発生させています。 なぜ宿便が溜まるのか?それは結局のところ、食べ過ぎが原因です。 食べ過ぎることによって胃や腸が食べ物を処理しきれなくなってしまい、食物の残滓が腸に停滞してしまうのです。

ファスティングを行うと、宿便が排出され、適正体重になっていきます。 そのため、ファスティング=ダイエットとして捉えられることが多いのですね。 しかし本来は体の正常を保つために行われるものです。 そんなファスティングダイエットの基本的なやり方をご紹介します。

続きを読む(ファスティングプログラム)

最新News

  • 2013/1/3: 当サイト「ファスティングについて」をオープンしました